Welcome to ORCHID. Hold on Please...
ORCHID|GYM and LIGHT
『クーパー靭帯』とは?
check



バストケアでよく聞く
「クーパー靭帯」とは?


クーパー靭帯の役目

クーパー靭帯は、バストを高い位置で吊り上げる役目をしています。

美しいバストの条件は「鎖骨の中央とバストトップで正三角形を描ける胸」と言われています。 この条件を満たすには、トップが高い位置にあることがマストです。





クーパー靭帯が伸びると胸が垂れる

図のように、クーパー靭帯が胸の脂肪細胞を吊り上げています。

生活習慣や姿勢によって、クーパー靭帯は伸びたり切れたりします。
もちろんクーパー靭帯はいくつもありますので、あまり神経質になる必要はありませんが、
切れたり伸びたりする靭帯の本数が増えると、胸がゆるみ、垂れてしまいます。





胸が上下に揺れるとクーパー靭帯は切れる

クーパー靭帯は、ゴム紐と同じだと思ってください。

●強く引っ張られると切れます
●大きな伸縮を繰り返すと伸びて戻らなくなります

そのため、胸が大きく上下に揺れるとクーパー靭帯は伸びるか切れるかします。

ということは、
・下着があっていない(ゆるい)
・家ではノーブラ派
という方は、「揺れやすいの、垂れやすい」ということになります。





切れたクーパー靭帯は元に戻る?

残念ながら、切れたり伸びたりしたクーパー靭帯は戻りません。

ただし、切れていない靭帯を、
これ以上伸びないように強くすることは可能です。





下垂は諦めるしかない?

諦める必要はありません。
クーパー靭帯を強くしたうえで、 胸をサイズアップさせると、胸が垂れず、高い位置でバストを維持できます。

これが、
「手術せずに垂れたお胸を改善する方法」です。

さらに、デコルテ周りの脂肪細胞を大きくすることで、よりふっくらした谷間をつくることができます。

もしクーパー靭帯を強くせずにバストアップを図ると、ただ単にクーパー靭帯が伸び、より下垂が目立ってしまいます。 バストケアには順番が大事ですので、むやみにバストアップをすることは避けた方がいいです。





垂れ胸は「光」で改善

光を使ってご自身の細胞が活性化させることで、垂れた胸を改善します。
自身の細胞が本来すべき働きを活発にするだけですので、胸を「正常な状態に戻す」といったイメージです。

光バストケアは、
● 脂肪細胞の肥大化
● クーパー靭帯の強化
を実現する光を胸に照射します。

光バストケアの原理はこちらをご覧ください。
論理的に且つわかりやすく記述しましたので、ぜひご覧ください。




バストケアの光でクーパー靭帯は強くなる

クーパー靭帯は、コラーゲンの繊維が束になって出来たものです。 そしてコラーゲンは、お肌の奥深くに常駐している「線維芽細胞」という細胞が作っています。

この細胞が活発に反応するように、光を調整(波長を調整)し、断続的な振動および熱を与えます。 すると、この細胞は自衛反応でコラーゲンをどんどん作り、結果的にクーパー靭帯は太く強いものになります。

詳しくはこちらをご覧ください。





サイズアップも光バストケア

ORCHIDがバストケア用に調整した光では、脂肪細胞を大きく膨らませることができます。 バストの90%は脂肪細胞でできています。脂肪細胞を大きくすることでバストアップが実現します。 デコルテ周りにしっかり光を当てて、ふっくら谷間を作っていきます。

なぜ光で脂肪細胞が膨らむか知りたい方はこちらをご覧ください。

キーワードは「浸透圧」です。おそらく高校の物理で習っているはずですので、ぜひ思い出しながら読んでみてくださいね!





あなたの細胞が
あなたを綺麗にする

上記の通り、光を当てるとあなたの細胞は活発に行動し始め、ふっくら谷間ができ、垂れ胸を目立たせなくしてきます。 細胞が頑張りを無駄にしないように、また細胞がしっかり頑張れるように、あなたは以下のことをしてあげてください。

・下着がフィットしているか確認
・タンパク質を摂る
・質の良い睡眠
・保湿

当サロンではバストケアを受けられた方に、上記についても丁寧にフォローします。また、おうちでできるセルフケアもご紹介します。










ORCHID INTERNATIONALS

ぜひサロンへお越しください。
またインスタグラムではサロンの様子や、スタッフの”人となり”も観ていただけると思います。
ORCHID_Instagram


ORCHID|GYM and LIGHT

Orchid International Group
index.html